カラコンでの充血について少し調べてみました。

HOME > 学校カラコン 新着更新ニュース > カラコンでの充血について少し調べてみました。

カラコンでの充血について少し調べてみました。

ハード系とは違い、ソフトコンタクトレンズで充血するひとは症状がない、という方はほとんどいません。

乾燥感がある、ごろごろする、痒い、メヤニが出るなどの症状はともなうでしょう。

カラコンやコンタクトレンズを装用して行く上で大敵なものはドライアイとアレルギー性結膜炎の二つの合併症です。

ドライアイ・・・・・・外にいる時や風呂場の中なら大丈夫ですが、室内に長時間いると目がカラカラに乾き、それにより痛みや疲れ、
重みなど症状が出てきます。



アレルギー性結膜炎・・アトピー性皮膚炎に合併して起こる慢性のアレルギー性結膜炎と呼んでいます。



上記2点は慢性的になるものなので急にひどくなるものではないです。
急に充血してひどくなるのは下図のような状態になっている場合はすぐに眼科受診が必要なのですぐに見てもらって下さいね。


角膜潰瘍は中央に近く、フリクテンは角膜と結膜(くろめとしろめ)の境目の輪部で細菌感染をおこしてしまっています。

無理をしてソフトレンズを使用した場合に起こりやすいようです。

原因としては、2週間交換型ソフトコンタクトレンズを3~4週間まで勝手に延ばして装用していることが大多数でおこるようです。

このようにならない為にも、2週間と言われたら2週間で交換して下さいね。
そうしないと痛い目に遭います。

それと、このように痛みが有る時でも、レンズを外した方が痛みが強くレンズを入れた方が痛みがましになる事もあるようです。
そのような時はソフトコンタクトレンズが傷を覆うような効果をあげているようです。
だからといってレンズを装用し続けると、ソフトコンタクトレンズの下で炎症が進んでしまい、
もっと取り返しのつかない視力障害を起こしたりするので絶対止めて下さいね。

『例えば』
ワンデーアキュビュー1枚を3日使い回ししていた女性で、一日コンタクトレンズをした後、
外して適当なケースに水道水を入れて【消毒もなしに】置き、翌日また装用を3日繰り返していました。

急に眼が痛くなり見えなくなったような事例もありますので
無理に使用しないようにしましょうね♪

目薬などの処置もいいと思いますが早めに眼科受診だけは行くようにしましょう。
上記2点に関しても長く症状が続くようなら一度は眼科で受診して下さいね♪
大切な目の事だけに!!

PAGE TOP